2005年10月27日

太菱さんのインタビューです!!

以下[INH(I)、太菱(太)]

I:スコアネームとホームゲーセンは?
太:太菱(便宜上「ふとびし」と読むらしいです)マットマウスパートII(注意:マッ「ド」マウスではありません。間違えると店員さんに極刑を食らいます。)

I:スコアネームの由来は ?
太:元々私が考えた名前ではないのですが。田舎に住んでいた頃、ど〜でもいいスコアで穴埋めする際に「スコアネームど〜すんの?」と当時も今もゾンビリヘンジと戦国伝承2001全一の、現田舎のゲーセン店員に聞かれ「適当に埋めといて。」と言ったが最後、こうなりました。あの野郎!何て事をしてくれる!!!なので「太菱」が正しくは何て読むのか私にも分かりません。彼に聞いて下さい。しまいには「麦」とか「蓋」とか派生しているのでもう何でもいいです。便宜上「太菱」ということで。

I:いままで取ったタイトルなどは?
太:プロギアの嵐のギャンブラーで、マグレスコアが出たくらい。

I:ケツイ以外に思い入れのあるタイトルはありますか?
太:思い入れがあるゲームはいっぱいあります。なにしろ人生の3分の2はゲーセンに居るようなモンなので。挙げるとこのブログがパンクするので、省略。

I:そもそもシューティングゲームを始めたきっかけなどを教えてください。
太:いつになるんでしょう?気が付いたらシューティングゲームやってましたね。小学校上がる前からインベーダーやってましたんで、その頃から洗脳されたのでは?某国の幼少教育と一緒ですね。もうまっとうな生活は無理でしょう。人間こうなったら終了ですね。


I:ナミキ時代のエピソードや思い出などは?
太:ナミキにさえ行かなければ、こんなことにはならなかったのに、どうして行ってしまったんでしょう?一体どうして???人生の間違いの始まりですね。例えばですが、仲間同士でパターンの試行錯誤で、「こんなの不可能!絶対死ぬに決まっている!却下!却下!」とか言っていたものが1週間後には「楽勝!楽勝!こんなことできないと予選落ち!」などとののしられる始末。ナミキは3日行かないと・・・とんでもないパターンが確立されて、自分が遅れを取ってしまうんですね・・・遅れを取り戻すのに大変なことになっていましたが、今や、そんな話は古き良き思い出と化しています。ナミキのケツイ全盛期には一瞬ですがケツイ7台ありましたからね。同じシューティングゲームが7台は全国探しても恐らく無いのでは???しかも全台プレイしていたんですからね。もはや魔境でしたね。異常です。あと、ビデオ撮りできる環境で「ロボコップ」を鑑賞するのはやめて下さい。あと、SYO様だからって人のパターンをスパんないで下さい。

I:プレイ中に雑念が入らないのですか?
太:何も考えないでプレイする時と、雑念いっぱいでプレイすることがありますね。隣りと話しながらプレイすることもありますし。しかも全然関係ない話しながら隣りのプレイにケチつけたりして・・・とかしてたら自分が死んだりして。普段は手が覚えているのでそちらに任せて、パターンが崩れたら急にアタマが働いて対応するセミオート的にプレイすることが多いです。

I:BタイプのプレイヤーSYOさんに伝言はありますか?
太:伝言する以前に本人に直接呼び出した方が早いです。東京の飲み会の席で彼が京都に居る時に「今すぐ来い!40秒で。」ってメール出して困らしています。あとSYO「さん」ではなくてSYO「様」です。うっかり間違えると、この業界から抹殺されますので注意して下さい。

I:秋のシューティング祭りで開催されるケツイ大会には出場しますか?
太:ケツイ大会には 短絡的で 卑怯者で、女子供容赦しない 空気を読まない太菱が あなたを待っています。
... そ れ で も 出場させますか?

 帰れ やめれ 来るな <消えろ>


I:ケツイは今後もプレイしていきますか?
太:私がどうこう・・・よりも、どうやら周りがやめさせてくれそうにありません。少なくてもDVDスコアは超えないとお話にならない模様です。

I:ケツイを現在プレイしている方々に攻略のアドバイスをお願いいたします。
太:SYO様のDVDの内容見れば、ある程度参考になるのではないでしょうか?私のは参考にしないほうが良いです。あと、何があってもケツイを諦めないことですかね?たとえ撤去されようが他のゲーセンに探しに行くくらいの気力があれば必ず目標達成できると思いますが、そんな根性のある人この時代居るんでしょうか?

I:あなたにとってケツイとは?
太:シューティングゲームです。

■読者からの質問です

I:パターンの作るコツというか手順を教えてください。
太:まずは「生き残る」こと。動くべきなのか?動かないのか?攻めるのか退くのか?即破壊なのか?ボムなのか?手段はいろいろありますが。それが確実になってきたら、次にケツイの場合ですが、「箱をできるだけ多く出す」こと。・・・を繰り返ししてきただけです。あとは倍率をドコで有効に使うか?で点数を上げてきました。とある場所で死んだら「ソコでは絶対2度と死なない」くらいの気持ちでやるとミスが少なくなるハズですが、3回連続同じトコロ同じ弾に死んだバカがココに居ます。

I:ケツイをプレイしはじめてから、ドゥーム撃墜までどのくらい時間かかリましたか?
太:ただ撃墜だけなら2ヶ月くらい。1コインALLは1年と1週間です。

I:1日どのくらいケツイをプレイなさっていたのでしょうか?
太:発売当初の平日は、ほとんどできませんでした。1日1プレイとかザラでしたからね。仕事が終わって当時のナミキに行ったのは良いけど閉店5分前でした・・・とか、閉店過ぎに行って店員さんに「今頃来たってダメですよ!」と当たり前の対応されたので、あまりの仕事のストレスで「やらせろゴルァ!」と強姦するんじゃないか?くらいの勢いで店員に言ったことが、あったとかなかったとか???残業と休出をあれほど呪ったことはありませんね。土日もマトモにできませんでしたし・・・。スコアネームにもそのことが書かれているはずです。ヒマなら探してみてください。

I:DVDは全一って事で全編に渡り期待していますが、プレイヤーとしてあえてあげるならば、是非見て欲しいというシーンはどこでしょうか?
太:できれば見ないで欲しいシーンのほうが満載なんですけどね。今回はSYO様のほうが出来が良いので、そちらの方を見てもらった方がよろしいかと思います。

I:ケツイに限らず、シューティングゲームをプレイしているときは主に画面のどの辺りを見てますか?
太:状況によって見る場面が違います。要注意の弾が来た場合は自機見ないで弾を見ていますし、自機の位置を確認したい場合は自機を見ていますし、時にはボスの体力ゲージ見ていたり、倍率タイマーみていたり、隣りの虫姫さま見ていたり後ろの蒼穹みていたり、特にどの辺りというのはありませんね。 本当ならどの辺りを見ているかを今回のプレイで表示されれば良いのですが、もう無理ですね?

I:ケツイは2周目からが特に難しいと思いますが、パターンとアドリブ、割合(パーセント)でいうとどのくらい?
太:パターンはありますがゲームの特性上アドリブは突然入りますからね。打ち返し弾の対応は全部アドリブみたいなもんですし。映像ではアドリブ2:パターン8くらいですかね?

ありがとうございました。
Aタイプ担当の太菱さんは一見、クールで冷静な印象ですが、その中身は僕らゲームマニア(ギャラリー含む)の期待を絶対に裏切らないとても熱いお方でした。もし日本でプロゲーマーなる制度が発足するとすれば、彼のような方が該当するべきだと勝手ながら思っています。

太菱さんの超絶プレイはケツイDVD(裏2-5道中ノーミス)や秋のシューティング祭りで確認できるぞ!!
シューティングゲームファン必見!! 是非ともご期待ください。

タイプA
(C)2005 INH CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.(C)2002 CAVE CO., LTD.

2005.10.26メールにて。

16時41分26秒 by inh akasaka - コラム - Permalink - ▲Top

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.inhgroup.com/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=20
このエントリーにトラックバックはありません。

コメント

SYO様、太菱様、回答ありがとうございました!

最後の質問の回答が、お二人ともほぼ同じ内容だったことが興味深いです。
回答を参考に、自分のパターンを見詰め直してみたいと思います。

2005年11月01日 00時06分28秒 by Wたべ

コメントを書く

:

:

:



▲Page Top

 
(C)2004-2017 INH CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.  Powered by Nucleus  [RSS 2.0 Atom 0.3]