2011年07月01日

画面反転設定は必ず付けてください(笑)

ども池田@INHです。

先日、高田馬場ゲーセンミカドさんがナムコレトロゲームタイトルの稼動数を大幅に増設やしたいとのことでお店の閉店後、セッティングに協力してきました。

ナムコレトロゲームっと聞いたときから嫌な予感がしたんです・・・

っというのも、ナムコさん基板は「ナムコさん純正の筐体での稼動を前提」に設計されているのでミカドさんに常設しているSEGAさんのアストロ筐体やブラスト筐体で稼動させようとすると画面の正位置が逆・・・
つまり、逆さまに表示されてしまう場合が多いんです。


こういった場合、一般的には基板側の「画面反転」という設定を基板DIPスィッチなどで調整するのですが、

ナムコさんの基板には「画面反転」設定が存在しない!!
(勿論、全部ではないですが)

じゃあ、その場合どうするかっていうと筐体モニターに取り付けてあるモニター基板上の

「上下反転」
「左右反転」

というコネクター2本(同じ筐体でも出荷時期によってモニターの種別が異なり、物によっては一体型のタイプもあります)をモニターの種別ごとに定められた方法で差替えなければなりません。

コネクター2本

モニターは高電圧で危険なため、こういった作業は電源をOFFにし慎重に行なわなければなりません。
以前、自分はこの作業中に右手の甲を吹っ飛ばした経験があります。
自分の右手の甲の骨が見えたときは衝撃でした。
いてーよバカ。
※そういや、あんときもナムコさんの「MR.ドリラー」を稼動させようとしたんだよなぁ(笑)

当日は16台分この作業を実行しなければならなくて以前の「右手ドリラー」のトラウマから必要以上に慎重になってしまい、予想よりも大幅に時間が掛かってしまいました(汗)。

やっと、朝日が見える頃、16台分の画面反転作業を終えましたが、本番はこれからです。
今度はそれぞれのゲームにあったコンパネと画面の調整をしなければなりません。
(レバーの8/4方向とか、画面の縦とか横とか、連射装置とか)

んで、全ての作業が終わって稼動できたのがお昼過ぎ(笑)
ゲームセンターのゲーム基板入替ってファミコンのカセット変えるみたいな単純作業ではないので本当に大変です。
ですが、あれだけナムコゲーが並んでるっていうだけで壮観(笑)
体の疲れを忘れましたよ、ええ。

で、結論、MVS(SNK)とCP2(カプコン)最高!!!

んじゃ、今週のお知らせ!!

【プチnamcoゲー祭り開催中】
と、いうわけで高田馬場ゲーセンミカドさんにてナムコゲームが16台、一斉稼動中です。
リブルラブルやギャプラスの楽曲を聞くと、「ゲーセン来た!!」っていうワクワク感がするのは歳のせい?(笑)
オーバー35歳は、この機会に郷愁に駆られるべし!!

【TAITO レトロゲームミュージックコレクション2 アクションクラスタ】
8月31日発売のティームさん新譜が情報公開になりました。
自分の手持ち基板&関係各位に基板をお借りしたりして音源収録作業をお手伝いさせて頂いております。
今回も収録に辺り、色々と衝撃の事実が発覚!!

・忍者ウォーリアーズのBGMがモノラル!!

・ラスタンサーガの海外版はデモが無い!!

業務用ゲームの世界は奥が深いぜ。。。

【7.23 地獄ワンマッチvol.1 相×vsプランプポップ】
相×さんといえば、知る人ぞ知るパドルゲームの達人。
来月は相×さんを迎え、スーパープレイイベントを実施することとなりました。
ワンマッチですが、ちゃんと自分がMCしますよ(笑)
マジで面白くするから絶対見に来て!!

7.23 地獄ワンマッチvol.1 相×vsプランプポップ

【バリバリナムコ伝説vol.4】
こちらもミカドさんのイベントで自分がMCをやります。
良かったら是非お集まり下さい。

バリバリナムコ伝説vol.4

・・・・というわけで、引き続き、深夜作業と〆切りに追われてゾンビみたいになっている弊社スタッフを何卒よろしくお願い致します!!

12時03分40秒 by inh ikeda - 雑感 - Permalink - ▲Top

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.inhgroup.com/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=267
このエントリーにトラックバックはありません。

コメント

TAITO レトロゲームミュージックコレクション2 アクションクラスタ。
このCDに収録予定のライトブリンガーはサウンドテストと実際のプレイで曲のテンポが変わります。
サウンドテストにバグがあるらしく、曲の遅く再生されるのだとか。
今回はどうやって収録されたのでしょうか?

2011年07月30日 14時03分47秒 by Ryo

池田@INHです!コメントありがとうございます!因みにグリッドシーカーもダラ外も逆鱗弾も同じようなバグがあります(笑)F-3は鬼門のようですね。監修していただいておりますZUNTATAのバビーさんに叱咤激励されながらなんとか収録は完了しています。どうかお楽しみに。折角なのでネタバラし、製作裏話は9月4日に弊社ロケで実施する発売記念イベントでしたいと思います。どうかお楽しみに!

2011年08月03日 16時07分31秒 by 池田@INH

ライトブリンガーはステレオ配線で音を出すと擬似ステレオっぽい感じになりますよね。
曲自体はモノラルって事なんでしょうか?
そういえばF3はステレオで再生した場合、左右の音が逆になるゲームがありました。
逆と言うより、マニュアルの配線図が間違っていたのかもしれませんね。

話は変わりますが、製作協力をされたエリア88のサントラはエミュからの録音ですよね?
AC版のBOSS4とラストランキングの音が実機や過去のサントラと比べて明らかに音が違います。
で、MAMEで同曲を再生したら今回のサントラと同じ音が流れるんですけど・・・。

高い金を払って期待して買ったのに、これはちょっと・・・って事で今回のレトロゲーム系の曲の収録も不安になったのでした。

2011年08月06日 08時30分15秒 by Ryo

>RYO様
期待通りの商品とならず、
不安にさせて申し訳ございませんでした。
僕らは受託業務の場合、
録音したものを納品しても
最終的な商品完成に立ち会えない
場合が多いんです、本当にすいません!

F-3系が左右逆になる場合は
タイトーさん製筐体とそれ以外の筐体とで
スピーカーの配線が逆だったりするのかな?
と思っていたのですが
そうでもないみたいですね(笑
※実際、ZUNTATAの皆様に
「左右逆だよ」といわれるまで
気が付きませんでした。。

擬似っぽくなるタイトルは、
明確にステレオ出力と
うたってない?と思っていたのですが、
ライトブリンガーもグリッドシーカーも
データ的にステレオみたいです。
その辺、作曲者の方と
お会いする機会があれば確認してみます。

2011年08月12日 16時41分25秒 by 池田@INH

コメントを書く

:

:

:



▲Page Top

 
(C)2004-2017 INH CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.  Powered by Nucleus  [RSS 2.0 Atom 0.3]